※ 校章の輪郭は八咫(やた)の鏡(姿だけでなく心を映す)

  を表し内側のそれは「あやめ城」のあやめを図案化したもの。



○ 学校紹介
  
 本校は、城下町新発田城(あやめ城)跡地に隣接し、明治35年(1903)に新潟県北蒲原郡立新発田高等女学校として創立され、今年で116年目を迎えます。
 昭和23年の学制改革により新潟県立新発田女子高等学校に改称し、定時制課程を併設。昭和25年に新潟県立西新発田高等学校に改称、家庭科(被服)を設置。さらに幾多の変遷の後現在は男女共学の全日制・普通科11学級となっています。
 「自主実行」「寛容礼節」「合理創造」の教育目標を掲げ、落ち着いた雰囲気の中、学習や部活動、生徒会活動等に励んでいます。2年次からは、「進学コース」と「教養コース」に分かれ生徒一人一人の進路希望の実現に向けたカリキュラムで学んでいます。その他、体育祭や文化祭(西高祭)などの学校行事に力を注ぎ、西高生の連帯感の涵養と社会性の向上を図るとともに、地域周辺の美化活動などのボランティア活動も行い、地域とともにある「西高」を目指しています。

   
○ 「柔軟な学びを可能とする高校」として
  
 本校は平成30年度から、生徒の多様な学習歴や適性に柔軟に対応する単位制高校としてスタートします。

 単位制の特徴は、学年の枠がなく、定められた単位を取得すれば卒業できます。定時制課程の午前部ですが、1日6時間の授業を受けることができます。しっかりと授業に取り組めば3年間で卒業ができます。また、幅広い講座から一人一人の個性・生き方・生活スタイル・進路希望に合った学習プログラムを創り、部活動や学校行事にも参加して楽しく充実した高校生活を送ることができます。
 西高は地域に愛される魅力ある学校として新たな道を切り開きます。あせらずじっくり着実に学びたいと考えている中学生の皆さん、西高からはじまる自分の一歩を一緒に歩んでみませんか。皆さんの高校での学びの志をしっかりとサポートします。

校 長  佐